2017年3月22日水曜日

2017.03.18 『文房具図鑑』

著者 山本健太郎
発行所 いろは出版
発行年月日 2016.03.31
価格(税別) 1,500円

● 副題は「その文具のいい所から悪い所まで最強解説」。著者は小学6年生の男の子。「夏休みの自由研究で,約170個もの文房具を独自のコメントや絵で紹介した,100ページにもわたる図鑑を作ってしまった」。
 その自由研究に編集担当と細かく補正を加えて出版した。

● 生意気なコメントがたくさん出てくる。が,実際に使ったうえでコメントしているので,生意気だけで片付けるわけにはいかない。
 しかも,その生意気さがこの本の一番の味になっている。小学生の生意気さがこの本の価値の第一だ。

● そのコメントに対して,メーカーがコメントしている。これも面白い。メーカーのコメントを先に読んでから,本文を読んだ。
 ただし,コクヨと北星鉛筆は個別のコメントは出していない。ちょっと読みたかった気がするねぇ。

● これだけの数の文房具を実際に買って使っているというのが凄い。お金も相当かかっているのではないか。
 高級な万年筆はさすがに取りあげられないけれども,万年筆じたいは登場する。パイロットのカクノ。千円万年筆といえども万年筆だ。小学生が万年筆を使って,その評価をするというのは驚きだ。

● 「あとがきのあとがき」を読むと,買わないで文具店の店頭で試し書きをした程度のものもなくはないように思える。それで,何となくホッとした気分になるのはどうしてかね。

● 今の山本君はどうしているんだろう。小学校の自由研究で気がすんでしまって,もういいやってことになっているか。
 それとも,さらなる文房具探索に明け暮れているんだろうか。だとしたら,いよいよ凄い。子どもって飽きやすいのが取り柄だ。小学生のときに掴んだヒモをずっと握っていられるのは,それだけで希有なことだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿