2017年2月13日月曜日

2017.02.11 『OZ plus 2017年01月号 手紙って楽しい』

編者 古川 誠
発行所 スターツ出版
発売年月日 2016.11.28
価格(税別) 593円

● パソコンだのインターネットだのが登場するはるか以前,高校時代の友だちと長く文通(死語?)していた。
 コクヨの一番安い便箋に安い万年筆(デスクペン)で書いていた。友人はボールペンを使っていた。
 しかし,いつからか疎遠になり,ついには途絶えてしまった。

● その手紙は出す前にコピーを取っていたので,出したのも受けたのも,スキャンしてPCのハードディスクに保存してある。

● 今は,ぼく一個に関しては手紙を書くことはなくなった。年賀状を唯一の例外として,ハガキを書くこともない。
 じつは,年賀状も今年からやめようと思っている。

● このムックは,その手紙の勧め。実例も紹介されている(わざわざこの本のために作ったものが多いように思われるが)。
 手紙を書くための便箋とか筆記具についての広告記事はない。

● で,この雑誌に触発されて,これからは手紙を書いてみようかってことにはならない。そもそも,手紙を書くような相手がいない。
 商売がら,手紙を書くのも営業の方法だという人も多いだろう。そんな中から,ひとつだけ転載。
 とくに肝心なのは,お店にいらしたときの会話の内容を手紙に書くこと。自分と過ごした時間を特別に思ってくれていると感じられたら,誰でも嬉しい気持ちになりますよね。(p35)
 この人,銀座のクラブのオーナーママ。

0 件のコメント:

コメントを投稿