2018年4月9日月曜日

2018.04.09 高級品で自分に付加価値を付ける

● ノートでいえばモレスキン,筆記具でいうとモンブランやウォーターマン。そういう高価な文具を使う人って,なぜ高価なものを使うんだろう。
 という素朴な疑問があってね。

● なぜといったって,使えるだけのお金があるからだよ。そうか,たしかに。使いやすいからだよ,っていう人もいるだろう。
 作家先生にはモンブランのマイスターシュテュック149の愛用者が多いらしい。なぜ149なのかといえば,書きやすいから,疲れないから,という答えが返ってくるのだろう。

● しかし,こういう人もいるんじゃないかと密かに思っていることがある。高価なものを使うことによって,自分に付加価値を付けようとしているのじゃないか。
 急いで付け加えておくんだけど,それが悪いというつもりはまったくない。いいとか悪いとかっていう次元の話ではそもそもない。

● 自分には価値がないと思っている。自覚的にそう思っていなくても,無意識のどこかにそれがある。それゆえに,持ち物で自分に付加価値を付けようとする。
 149を買うのはなかなか大変だけれども,それでも車を買うのに比べれば,別にどってこともない。モレスキンに至っては2千円しかしない。高級ノートの代名詞になっていても,そんなものだ。それで自分に付加価値を付けられれば安いものではないか。

● モレスキンユーザーの多くはこれに該当するのじゃないかなぁと,無礼千万にも想像している。そういうことにしないと,品質と価格がまるで釣り合っていないあのモレスキンが,なぜこんなに売れているのかを説明できないのだ。
 繰り返すけれども,モレスキンで自分に付加価値を付けようとするのは,ひとつも悪いことではない。

● そういう人たちにとって,大事なことはモレスキンが高価であることだ。高価であればこそ,自分に付加価値を付ける道具にもなるのだ。
 これって,かつてはパソコンにもあった。Macintoshを使っている人の中には,Macintoshで自分に付加価値を付けたいと思っていた人が,けっこういたんじゃないかなぁ。

2018年4月8日日曜日

2018.04.08 死ぬまでに手持ちのノートを使い切れるか

● ダイスキンに供給不安があった数年前,ダイソーで見かけるたびに買い占めに走っていた。気がついたら大量のダイスキン在庫を保有することになっていた。
 その後,20冊程度まとめてもらってもらったりして,在庫の縮減に努めたものの,あらかたは手元に残っている。ていうか,使おうと思って買ったものだから,実際に使ってナンボという話だ。

● A6ダイスキンはどうやら来年中に使い終えそうだ。1冊だけ残っている方眼セリスキンも含めて,このサイズのハードカバーノートは使い終えると思う。
 その後はB6ダイスキンになる。あらためて数えてみると36冊ある。うち,中紙60枚の黒が6冊。72枚のオレンジと赤が30冊(現在販売されているのは,オレンジも赤も60枚になっている)。

● 全部使い終える頃には70歳になっているかもしれない。古来稀なりの70歳だ。
 コクヨのSYSTEMICにCampusノートと百均のマンスリー手帳を挟んで使えるのはその後になるんだなぁ。おいおい,それまで生きてるのか,オレよ。

● 文房具は収集の対象ではなく,あくまで実用品だと思っている。工芸品の高価な万年筆もあるが,そういうのは気安く実用には使えまい(使える人もいるだろうが)。実用に使えないのは文房具ではないから,ぼくがそうしたものに興味を示すことは間違ってもない。
 ぼくの手元にあるのは安い文房具ばかりだ。その中でもノートや手帳のような紙製品は典型的な消耗品。ならば,長生きして使おうぞ。

2018年4月3日火曜日

2018.04.03 ダイスキンを使い終えた

● ダイソーのダイスキンを絶賛愛用中。今まで使ってきたダイスキンが何冊になるのか数えたことはないんだけど,けっこうな数になっていることは間違いない。
 仮に20冊使っていても2,000円。モレスキン1冊分の値段ですけどね。

● そのダイスキン,昨日で使い終えた。使い始めたのは2月19日だから,43日間で1冊を使ったことになる。
 大したことを書いてるわけじゃない。書かなければ書かないで,何の支障も生じない。ま,これを突き詰めてしまうと,大したことをして生きてるわけじゃない,生きるのをやめたところで何の支障も生じない,ということになってしまうんだが。

● ダイスキンのいいところは余計なものが付いていないことだ。どうしてもモレスキンとの比較になってしまうのだが,収納ポケットなどない方がいいのだ。
 ネットをググると,そのない方がいいものをわざわざ自作して取り付けている人がいるのだが,わけがわからん。切手でも紙幣でもメモの紙片でも,適当に挟んでゴムバンドをかけておけば,落ちることはあるまいよ。

● ダイスキンは必要なものだけがあって,ない方がいいものはない。デフォルトの状態でひたすら書いていくためのものだ。ひたすら書いていくのにダイスキン以上のノートがあるだろうか。
 “書く”ことを始めるのに最もストレスを感じないノートだ。敷居を感じない。どう書けばいいのかも考えずにすむ。書きたいように書けばいいのだとストンと思える。
 それもこれも安いからだ。安さは正義なのだ。もうひとつ,頑丈だからだ。たぶん,頑丈さではモレスキンを凌ぐ。

● このあとは,re-Collection Pocketを使うつもりでいたんだけど,気がついたら今日も新しいダイスキンをおろして使い始めている。なぜって,どうもダイスキンの方が使いやすそうなのだ。
 re-Collectionは手元にあるすべてのダイスキンを使い終えたあとに使うことになりそうだ。

2018年4月1日日曜日

2018.04.01 エトランジェ ディ コスタリカのre-Collectionを買う

● 自治医大駅前の“うさぎや”(TSUTAYA自治医大店)の文具売場に,前から気になっていたコーナーがある。エトランジェ ディ コスタリカの商品を集めたコーナーだ。
 モレスキンタイプのポケットノートが気になっていたのだ。

● ぼくはモレスキンは全然ダメだと思っている。が,あの判型とハードカバー,ゴムバンドは非常に秀逸なアイデアで,それを真似る商品がダイスキンをはじめ,いくつもあるのは理解できる。
 だからモレスキン社が紙質を吟味し,綴じや製本をきちんと(というか,まともに)やっていれば,あの価格であっても当然,許容範囲ということになる。
 モレスキン社は過去にあった商品を承継したと言っているけれども,被承継者の承認など得ていないだろうから,要するにパクったのだと思う。ゆえに,モレスキンをパクる商品が出ても,それを社として非難する根拠がない。

● ともあれ。エトランジェ ディ コスタリカ棚にあるモレスキン類似のノートがかなり気になっていた。価格はモレスキンの半値以下。品質をモレスキン以下にするのは物理的に不可能だろうから,モレスキン以上に決まっている。
 気にしているままでは仕方がない。いつまでも気にしてないで使ってしまえばいい。というわけで,re-Collection Pocket(Ruled)を購入。

● 判型は縦横ともモレスキンよりわずかに小さい。 中紙は104枚。最初と最後のページは糊付け幅が広くて,実際には使用できない。これはこの種のノートの宿命のようで,モレスキンも同じだ。
 3点綴じ。罫線(C罫)はモレスキンと同じく,ページの端まで印刷されている。左右ページの罫線のずれは見事にまったくない。価格は900円(+税)。
 Made in Japanのこととて,万年筆を使うと裏抜けするなどということはあるまいと,そこは使う前から信用している。

● 現在使用中のダイスキンがまもなく使い終えるので,その後,これを使ってみよう。

2018年3月21日水曜日

2018.03.21 ガラスペンとジークエンス360ノート

● 上野駅構内の「ANGERS」。ガラスペンを扱っている一画がある。ガラスペンって,一度インクを付ければハガキ1枚くらいは書けるらしい。線の太さは調整できない。太字用,細字用があるから,自分の用途に合ったものを買う。あるいは,買い揃える。
 持ち歩くものではないだろう。ガラスなんだから欠けやすい。自宅のデスクに置いて使うものだろう。

● 実用的でもないだろう。どうしたって,万年筆の方が便利だろう。
 ガラスペンは実用性を離れて,ガラスペンを味わうために使うものだ。ガラスペンを使っている自分,ガラスペンを使っている時間を味わうために使う。
 要するに,贅沢感を演出するための小道具と考えればいいだろう。

● 惹かれるけれども,ぼくのようなガサツな人間が使ってはいけないものだとも思う。ガラスペンを使うシチュエーションが自分の24時間の中にあるとも思えない。
 使わなくても眺めているだけでいいかもしれない。眺めるために買うのはありかもしれないと思う。が,そこまでの贅沢はぼくの身に付いていない。

● ジークエンス360ノートというのが「ANGERS」にもある。入口に近い目立つところに配されている。
 ページを360度に開いたり,筒状に丸めてもビクともしないってやつ。方眼のほかに横罫もあるが,多くの人は方眼を選ぶだろう。方眼はクリエイティブにつながるというイメージがある。

● ぼくも1回使ったことがある。正直,その時期は手書きから離れがちになった。書かない日が続いたりした。かなり分厚いこともあって,机に広げて使うには適さない。
 商品じたいはかなり魅力的だ(だから買ってみたのだ)。このノートはどんな用途に向くのだろう。

● 新聞記者が立ってメモを取るときか。が,たぶんだけれども,新聞記者でこれを使っている人はあまりいないと思う。分厚さが邪魔をすることがあるのではないか。
 おそらくリング綴じのA6かA5のノートを使う記者が多いのではあるまいか。立ってメモを取る場合,そっちの方がずっと使いやすいと思える。

● かなり分厚いので,1冊を長く使うことができる。ということは,その場で参照できる過去の期間が長くなるということでもある。このあたりに魅力を感じる人がいるかもしれない。
 しかし,何に使うか。日記を書くという話でもあるまいと思う。落書き帳にするんだろうか。

● 結局,このノートを使うこと自体を目的にする人が使うものだろうか。それだけの誘因力はあるように思える。が,ぼくは1回使って気がすんでいる。

2018年3月15日木曜日

2018.03.15 スマホはフリック入力が基本か

● スマホは入力に難点がある。あれこれ考えるのは,それが理由のすべてだ。スマホを入力マシンとしても使いたいのだ。
 そう思って,外付けキーボードを買ったわけだけれども,今のところ,スマホはフリックでストレスを感じない程度の短いテキストを入力するにとどまっている。

● Chromebookをその代用にしようと思って,購入。泊まりの外出時には持って行っているんだけど,Chromebookの主な用途はSNSだ。したがって,写真を扱うことになる。
 ところが,スマホで写真を撮ってChromebookにつなぐと,Chromebookがその写真を表示するのにやたらに時間がかかる。これではちょっと実用にならない。

● さて,どうしたものか。キーボード付きのスマホが出ればなぁとか思ってたんだけど,スマホが今の形になって落ち着いているのは,それなりの理由があってのことだろう。
 『多動力』を読むと,堀江貴文さんはパソコンのタッチタイプ並の速さでフリック入力ができるらしい。そういえば,息子もそうだった。とんでもなく速いんだった。息子はフリックではなかったけど。

● それだけの速さで入力できれば,スマホは万能の携帯できる知的活動支援マシンになるだろう。スマホがあればパソコンも手帳もノートも要らないということになるんだろなぁ。ぼくもその方向で努力(?)してみようか。それが最も現実的なやり方かもしれない。
 ガラケーのときは,そういう気にはならなかった。テンキーを数回押して文字を出すなんて,聞いただけでこりゃダメだと思ってしまって。それに比べればフリックにはまだ可能性を感じるっちゃ感じる。

● 実際にできる人がいるんだから,挑戦してみようかねぇ。と言いながら,入力はパソコンから離れられないような気がしている。初めから弱気なんだよね。

2018年3月14日水曜日

2018.03.14 職場のPCがデスクトップになったので,ThinkPadキーボードをつなぐことにした

● 職場のパソコンが,富士通のノートからhpのデスクトップに変わった。となると,マウスを操作しなければならない。ところが,ぼく,マウスが嫌い。ので,家にあった外付けのThinkPadキーボードをつなぐことにした。
 キーボードを差し替えて立ちあげてみたが,テンキー入力モードで認識されてしまって,ログインできない。元のキーボード&マウスに戻してログインして,ググって訂正の仕方を調べた。Shift+NumLkで切り替えられるんだった。テンキー入力などしないので,こんなことも知らなかった。

● 再び,ThinkPadキーボードにつなぎ直してログイン。で,ログインはできたんだけど,今度はポインターが勝手に動く。動くというか震える。蠕動する。
 コントロールパネルからポインターの設定を開き,速度を落としてみたのだが,状況は変わらず。デフォルトのマウスなら問題はないので,これはThinkPadキーボード側の問題だろう。何せ古いものなので(IBM時代のもの),現在のパソコンには対応できないのかもしれない。

● 落ち着くときもあるんだけど,ランダムに震えが現れる。これが非常に困る。困るというか,これじゃ使いものにならない。
 これさえなければ,さすがはThinkPadキーボードだ。文字入力の効率と快適さが格段に向上した。パームレストがあるのもいい。慣れているからかもしれないんだけど,それだけではないと思う。キーボードは大切だな。
 (→ 後日,対応策を発見。マウスもつないでおけばいいのだ。マウスをつないでおいて,ThinkPadキーボードのトラックポイントを使う。これで問題はほぼ解決。完全ではないのだが,使いものにならないということはなくなった)

● このキーボード,スマホにつないで使うために買ったんだけど,スマホと一緒に持ち歩くにはパームレストがある分,大きすぎるし,どういうわけだかスマホにつないでもポインターが表示されないので,そのままにしていたものだ。
 こんなところで出番が来るとは思わなかった。眠っていたデバイスを有効活用できて嬉しい。