2018年7月23日月曜日

2018.07.23 ノベルティーのボールペンが手放せない

● 宇都宮市の某所でもらった,このノベルティーのボールペン。ぺんてるの低粘度油性。0.7㎜。仕事で使っている。
 弘法筆を選ばずで行きたいと思わぬでもないんだけど,このボールペンは手放せない。

● ついに,3本目のリフィルを装着。ノックのバネもヘタっている様子はない。まだまだ使えそうだ。
 あと何年仕事を続けるかわからないけど,続けている間は,この「宇都宮市制120周年」とともに。

● ついでに申せば,もっと高級感のある1本を買ってそれを使うという発想は,ぼくにはほぼ皆無。筆記具に求めるのは,まず使いやすさ。使いやすければノベルティーでも何でも可。
 高級感などあってはいけないとは思わないけれども,なくても何の支障もない。だって,ボールペンって字を書くためのものだよ。

● ぼくが某所に行ったのも,そこでこのボールペンを配っていたのも,これすべて神の配剤と申すべきで,縁あってぼくの元にきた1本は,寿命が尽きるまで使ってあげるのが,神の配剤にお応えする所以であると存ずる。

● とはいえ,捨ててしまったノベルティー製品は数えきれないほどあるけどね。だから,同じ配るんでも,配る側にちょこっとだけ配慮をお願いしたいね,と。

2018年7月22日日曜日

2018.07.22 地球儀でセネガルの場所を確かめた

● 数年前に岡本のセキチューで買った地球儀。一番小さいの(→一番安いの)を買った。“ほぼ日”のアースボールが欲しい気分。でも,これがあるんだからな。我慢,我慢。
 ワールドカップで戦ったセネガルってここにあったんですねぇ。

● 今どきだからテレビはなくてもいいし,新聞もとる必要なんてないと思うんだけど,各家に備えておくべきものがいくつかはあると思う。
 ひとつは地図帳。日本と世界。ふたつめは歴史年表。みっつめは理科年表。いずれもデジタル版があるだろうけど,可能ならば紙で持っていた方がいい。分厚くなくていいんだよ。薄いのでいいから紙で。

● 自分が最も長く過ごす場所から,動かずに手が届くところにこの3つを置いておくと,知的生活などという大げさな言い回しではなく,ひっかかりとも言えないかすかなひっかかりが次々と消えていくんじゃなかろうか。
 Google先生に訊けば何でも教えてもらえるご時世だけれども,この3つを手元に置くことの効用というのは,依然としてあるのじゃないかな,と。

● それと地球儀なんですよね。情報は地図帳から得るものが圧倒的に多い。
 でも,何とはなしに気が塞ぐとき,地球儀を回して,地球の表面を俯瞰するのは気分転換になりますよ。神の視点を得たような錯覚を得られるからですかねぇ。

2018年7月21日土曜日

2018.07.21 宇都宮のLoFtで

● 宇都宮は福田屋に入っているLoFt。ノート売場を中心に見て歩いた。
 マルマンのリングノートやリーガルパッド製品など,面白そうなものはある。A7リーガルパッドはロディアと競合。仕事で使うなら,こちらの方がしっくりくるかも。価格的にも優位。
 だけど,購入に至らず。ダイスキン(ダイソーで売ってるモレスキンもどき)でいいじゃんと思ってしまうゆえ。

● もうひとつ。それらを使っているシーンに自分をはめこんでみると,実物大の自分とだいぶ距離ができるなと思えること。
 ちょっと背伸びしちゃってる自分が見えるというか。

● さらにもうひとつ。ダイスキンをはじめ,コクヨのCampusノートや測量野帳,無印ノートなど,一生使い続けても使いきれるかどうかわからないほどの在庫を抱えてしまっていること。
 ダイスキンって以前は供給が安定してなかったので,ダイソーで現物を見かけると,あるだけ全部お買いあげ。それをしばらく続けたら,とんでもないことになってたんでした。

● ちなみに,ワタクシは,2,000円もするモレスキンよりも,100円で買えるダイスキンの方が,トータルクオリティーは高いと思ってるんですよ。
 モレスキンを1冊使ってみての感覚でいうと,モレスキンの適正価格は,せいぜい300円がいいところ。

● で,仮にモレスキンが300円になったら,モレスキンを使っている人たちのかなりの部分は,モレスキンユーザーであることをやめるんじゃないかな。
 高価だから使っているんだよね。高くってねぇと文句を言いながら,モレスキン自体ではなく,その高いモレスキンを使っている自分を評価しているのじゃないのかな,と。
 モレスキン社が捏造した“伝説”は,だいぶ神通力が弱まっているんだろうけど。

2018年7月12日木曜日

2018.07.12 憧れだったHPのJornada

● 大昔,モバイルといえばWindowsCEマシンだった時代。HPのJornadaは憧れだった。が,買えませんでしたよ。そのJornada690がヤフオクに出てる(発売当時は138,000円だった)。
 入札しそうになった。かろうじて踏みとどまったのは,乾電池駆動ではなかったこと。たぶん,バッテリーは相当イカレているだろう。ACアダプタでしか使えないんじゃ意味がない。

● っていうか,NECのモバイルギアを4台も落札してるのだ。これだって高嶺の花だった。やはり,10数万円したものね。なので,ヤフオクで5千円で落とせるとなると,調子に乗って4台も。
 ワープロ専用機としてなら今でも実用になる。が,使いやしないのだ。この分野で昔を懐かしむのはご法度だ。禁断の果実は禁断のままにしておくのがいいのだ。

● 今はスマホがあるんだもんね。スマホなら立ったままでもフリックで入力できるし(CEマシンでもできなくはないんだが),軽いし持ちやすいし,テキスト入力以外にできることが圧倒的に多いんだしね。
 でも,モバイルで一番やりたいことは何かといえば,テキスト入力なんですよね。ネットにつながってればそれに越したことはないんだけども,ネットにつないでどうこうするのは帰ってからやればいい的な。

● それでも,今さらCEマシンを持ち歩いてテキスト入力ってのはあり得ないですよね。保存先がコンパクトフラッシュだからじゃなくて,スマホでやることを考えるのが合理的だと思ってしまう。
 この点に関しては,結局,スマホ+BTキーボードに落ち着きそうだ。っていうか,落ち着いた。今はこの組合せで使いものになることを確認している。

● ただし,BTキーボードを使っていると,バッテリーがけっこう消耗する。充電可能な環境ならいいけれども,たとえば自転車でキャンプツーリングをするときに持っていくというなら,USB接続のキーボードを用意した方がいいかなと思う。
 で,それもヤフオクで物色中。

2018年6月25日月曜日

2018.06.25 USBメモリのテキストデータをAndroidで編集すると・・・・・・

● AndroidにUSBメモリを接続すると問題なく認識する。なので,USBメモリに入っているテキストをAndroidで編集しようと思った。テキストエディタをインストールしておけば,編集はいくらでもできる。
 が,それをUSBメモリに上書き保存しようとすると跳ねられる。別ファイルとしてなら保存できるのだが,USBメモリではなく本体に保存されてしまう。
 編集した結果をUSBメモリに戻すことはできないんだろうか。ググってみたんだけど,どうもよくわからない。

● フローというか,現在進行中のデータはワンファイルにしてUSBメモリに入れておく。ずっとそういうやり方をしていた。USBメモリが登場する前は,CF(コンパクトフラッシュ)を使って同じようにしていた。要するに,どの端末でも使えるように。
 CF時代は,自宅のパソコンでも,出先に持ちだしたモバイルギア(NEC)でも使えるように。USBメモリも同様だ。自宅のパソコンでも,外に持ちだしたタブレットPCでも使えるように。

● 現在進行中なのだから,中身はどんどん変わっていく。いくつもの内容(大げさに言えば,テーマ)があるが,内容別には分けない。全部まとめて,ひとつのテキストファイルにしておく。
 テキストファイルなんだから,大容量は必要ない。今は1GBのUSBメモリを使っているが,目下のテキストファイルの容量は150KBしかない。

● そのフローの中から,とりあえずでもまとまったものはストックに移す。ストック情報はブログにして溜めていく。ストックになったものには興味も失せるから,自分のブログを自分で読み返すことはまずない。
 そんなふうにしてやってきた。

● ところが,外に持ちだすのはスマホだけのことが多い。幸い,AndroidにはUSBホスト機能がある。よしよしと思ったのだが,結果は上記のとおりだ。
 フローデータをUSBメモリに入れて持ち歩くのは,とっくに時代遅れなのだろう。たとえば,そのテキストをGoogleKeepに貼り付けておけばいい。データが紛失することも毀損することもなくなるし,それこそスマホから簡単にアクセスして編集して,その結果を残すこともできる。

● わかっているのさ。USBメモリに入れて持ち歩くなんて,原始時代の方法なのさ。でも,ひょっとしてひょっとすると,ネットにつながらない状態で使うことだってあるかもしれないじゃないか。
 いや,それもわかってるんですよ。そういう後ろ向きな発想をしててはダメなんだよね。

● なので,スマホにUSBメモリをつないで,スマホで編集したものをUSBメモリに戻す方法を探るんじゃなくて,クラウドを活用する方向に舵をきるつもりではいるんだよね。
 でも・・・・・・,スマホからUSBメモリに上書き保存するにはどうしたらいいんだろうか。

2018年6月19日火曜日

2018.06.19 スマホ+BT接続のキーボード 3

● 「ペアリングを解除して,再度ペアリングすると安定する」とネット記事にあったので,そのようにしてみた。たしかに安定する。怖いほどに安定するぞ。
 ペアリングの手間はさしたるものじゃないから,そうやって使うか。

● しかし,一度ペアリングすれば,二度目からはパカッと開くだけで使えるというのが,Bluetooth接続のウリだよなぁ。
 それにだ。このキーボードに愛想を尽かして,別なのを買おうと思って,ヤフオクに入札中なのだ。それも2つ。ひとつは確実に高値更新されると思うけど,もうひとつの方は落札しちゃうかもしれない(→落札にならずにすんだ)。
 それも2台ともにBluetooth接続のキーボードなのだ。何を考えてるんだろ,オレ。別のBTキーボードに替えてみても,このあたりの状況は変わらないんだろうに。

● ま,二転三転したけれども,リュウドのBTキーボードは使えるという結論にしたい。
 となったら,今度は再ペアリングしないでも安定するようになった。何なんだよ。今までの自分の操作に何かおかしいところがあったのかよ。
 というかですね,この気まぐれがBTなんでしょうね,たぶん。

● じつのところ,なぜこんなことにこだわっているかといえば,いつかやるかもしれない自転車ツーリングに備えてのことだ。荷物を最小限にしなければならないから,パソコンなんか積みたくない。
 といって,ほんとに自転車ツーリングをやるのか。可能性とすればやらない確率が高い。ならば,こんなことにこだわることもないのだ。

2018年6月17日日曜日

2018.06.17 スマホ+BT接続のキーボード 2

● 一昨日につないでみたときは行けそうな感じで,「これからは泊まりの外出でもスマホと折りたたみ式キーボードだけ持てばいいと思うと,何気に嬉しい」と喜んだんだけども,どうやら(というか明らかに)ぬか喜びだった。
 今日やってみたら,100字書くのに3回も断線した。これでは使いものにならない。

● こうなると,断線の原因はキーボード側にあることが明らかだ。経年劣化ではない(当初からそうだったのだから)。
 すべてのBTキーボードがダメだということではないだろう。たくさん売られていて,現に売れているんだから。
 が,ぼくの手持ちのBTキーボードはダメなので,これは処分することにした。ついに役に立たなかったな。

● もうひとつ。BT接続している状態でSNSに投稿しようとしても,上手くいかない。BTとWi-Fiは両立しないのか。んなわけ,ないだろうけど。

● スマホに外付けキーボードを合わせるなら,ケーブルが煩わしくても,USB有線接続の方が間違いないか。しかし,その場合,ケーブル問題のほかに,もうひとつ問題がある。
 ぼくが使っているZenFone Max3もそうだけど,ほとんどのスマホはmicroUSBの差込口が下側にある。ここにケーブルを挿すと,スマホを縦にしてスタンドに立てることが難しいのだ。
 横にすれば問題はない。が,横にすると視認性がかなり落ちることが多いでしょ。
 Seriaで買ったスタンドはこういうもので,これでは縦に立てることができない。スマホを浮かせて立てることができないと,有線接続ができない。

● 何かいい方法がないか。と思ったら,便利なものがあるんですなぁ。こちらはダイソーにあったもの。本来の使い方は左のようなものだろうけど,これを右のようにして使えば,縦のままでも有線接続が可能(っていうか,こちらの使い方を想定してるんでしょうね)。
 ほっ。さすがはダイソーさん。いい製品を出してくれてありがとうございます。っていうか,こういうものを初めて出したのは,たぶんダイソーではないと思うんだけど。

● これでスタンドの問題は解決した。有線接続でも大丈夫だ。
 しかし,ごく短時間ながらBT接続で使ってみて,ポインティングデバイスがキーボード側にないのは,あまり問題にしなくてもいいという感触を得た。ポインティングデバイス付きのキーボードにこだわる気持ちはだいぶ薄まった。

● しかし。ネットの記事を色々見ていると,Bluetooth機器のペアリングが切れることはしばしばあるらしい。そういう場合はいったんペアリングを解除して,再度ペアリングすると安定するようだ。
 ペアリングじたいは手間のかかるものではないが,今日の様子では使う度にペアリングする必要があるっぽい。だとすると,やはりこれはストレスということになる。一度ペアリングすればあとは自動認識というのがBT接続のウリだものな。
 でも,どうなんだろ。ぼく以外の人は,この種の機器をまともに使えているんだろうか。