2018年5月19日土曜日

2018.05.19 ダイソーでマルマンのメモパッドとホワイトボード用のマーカーを買う

● 宇都宮ララスクのダイソーにマルマンのメモパッド(A7)があった。5mm方眼。中紙100枚はダイソー仕様か。
 文具店では80枚のが150円で売られている。マルマンでもMnemosyneブランドのものは65枚で195円。ロディアは80枚で200円。

● ロディアは両面に方眼が印刷されているが,日本製のは裏面が白紙になっているのが多い。メモパッドを両面使うことはあり得ないと思うので,片面印刷が正解だと思う。
 というか,その方が使いやすい。両面に方眼が入っていると,つい両面を使いたくなる。貧乏使用を誘発する。

● と,偉そうに語ってしまったけれども,ほとんど使ったことはないに等しいのだ。
 こういうものはクリエイティブ系の人が使うものだという,牢固として抜き難い固定観念がぼくにはあって,そのクリエイティブ系への憧れもある。

● で,絶対に自分は使わないとわかっているんだけど,この種のものを買ってしまう。
 ロディアもカバー付きで持っている。ライフのB7メモパッドもカバー付きで買った。
 先日はA4の製品も買ってしまった。使いみちがわからない。邪魔でしょうがない。

● ダイソーでもうひとつ,ホワイトボード用のペンとイレーサーを購入。以前買ったホワイトボードノートに付いていたペンをなくしてしまったので(今いる場所の半径2m以内に必ずあるはずだが)。

● PCやスマホを使っているときに,ちょこっとメモするのに便利。数十秒後には不要になっているんだけど,その数十秒間,記憶を保持するのが難しいものはけっこうあるから。パスワードだの何だの。
 デジタル化が進んで,そういうのが増えた。それを処理するのに,こういうアナログが役に立つ。

● ダイソーのホワイトボードノートは隠れたベストセラーであるらしい(隠れていないか)。小さなホワイトボードを置いておくのもいいけれども,ノートになっていると筆記面積も増える。製品として出されてみると,なるほどなぁと後追いで思うわけだ。

2018年5月18日金曜日

2018.05.18 モバイルガジェットは“スマホ+外付けキーボード”が決定版か

● WindowsのタブレットPCやChromebookを試してみたんだけどねぇ。それらとスマホをつなぐと使い勝手がイマイチになる。
 だったら,スマホをメインにして,スマホが苦手な入力装置を補ってやった方がいいかも。

● じつは,以前にもそれを試みたことがあるんですよ。docomoのSH-13Cにリュウドの折りたたみ式キーボードをBluetoothで接続して使ってみたことがある。
 だけど,BTだと使用中にしばしば断線する。端末側の問題なのか,キーボード側の問題なのか,BTの問題なのか,そこはわからないけれども,これでは使いものにならないという結論に。

● だいぶ前のことだから,今は改善されているのかもしれない。BT接続で音楽も聴けるようになってるしね。しかも,ハイレゾで。
 けど,一度そういう経験をしちゃうと,有線接続の方がいいなと思ってしまう。スマホのバッテリー消耗も抑えられるし。

● 外付けキーボードは色々あるけれど,キータッチの秀逸さでThinkpadキーボードの一択(たんなる思いこみの可能性も)。マウスの必要性がないのも大きい。
 で,ヤフオクで買ってみたんだけども,これは携帯するには大きすぎた。パームレストも充分にあって長時間使うには適しているんだけど。幸い,職場に持ち込んで快適に使えているので,元は取れそうだが。

● ので,コンパクトサイズのThinkpadキーボードを買おうかと思っている。ややキーストロークが浅く,キーピッチも狭くなるのだが,そこは仕方がない。
 泊まりの外出でも,スマホとこのキーボードだけ持てばすむようになるといいんだが。

2018年5月13日日曜日

2018.05.13 新型ダイスキン

● アルカキット錦糸町のダイソーでこんなのを購入。A6サイズとあるが,A6正規サイズではなくて,ダイスキンと同じ判型。ハードカバーでゴムバンドが付いているのもダイスキンと同じ。Made in China なのもダイスキンと同じ。
 要するに,新しいダイスキンですなぁ。

● 違うところもある。ひとつは,表紙の色とゴムバンドの色が合っていること。ブルーのほかに,ピンクとグレーがある。ゴムバンドの色を表紙の色に合わせている。
 従来型のダイスキンは赤だろうとオレンジだろうと黒だろうと,ゴムバンドは黒だった。それゆえに,ダイスキンは黒表紙のものに限ると思っていた。両者の色が違うのは,忍耐の限度を超える齟齬だから。新型ダイスキンはこの問題が解決されている。

● 中紙の枚数が少ない。従来型ダイスキンだと,黒が80枚でそれ以外は96枚。新型ダイスキンは64枚しかない。セリスキンと同じ。紙質は同じだと思う。ダイソーノートの紙は,ダイスキンもそれ以外も,この紙質の紙で統一されているんですかねぇ。
 罫線もB罫ではなくてA罫だ。ここは好みだろうけれども,ぼくはB罫を好む。

● 製本も従来型の方がしっかりしているというか,丁寧な印象を受ける。新型は中紙と背が不規則に離れていたりする。旧型ではあまり見かけない。
 で,結論としては,従来型がいい。しかも,考える余地なく従来型がいい。

● 木目調の方の帯には「ダイスキン手帳」という文字が見える。ダイソーもダイスキンという通称を商品名として採用したんですかね。
 ダイソーとしてはこちらにシフトさせたいんだろうかなぁ。従来型も一緒に売られているから,新型が従来型に取って代わるというわけではなさそうだ。

2018.05.13 ダイソーで「東京23区区分地図」を購入

● 蛎殻町のホテルに泊まった。帰りは錦糸町に出る予定。となると,東京駅まで歩いて秋葉原で乗り換えるか,人形町駅から日比谷線に乗って上野に出るか,どちらがいいかなと考えてしまう。JRで発想しちゃう。
 このホテルは半蔵門線の水天宮前駅と直結してて,半蔵門線で3駅目が錦糸町なんだけど,そういうことを見逃してしまう。

● それを避けるためには,東京の地図に親しむのがいいでしょ。で,錦糸町駅前のアルカキットに入っているダイソーで,「東京23区区分地図」を買った。前はハンディサイズで出ていたけど,今度のはA4。ハンディサイズにもお世話になったけど,特に東京の地図は定期的に買い換えないとね。
 こういうのが100円で買えるんですなぁ。って,もう当たり前になって,驚くこともなくなったけど。

● ところで。水天宮前駅から半蔵門線に乗ったんだけど,押上から東武線に乗り入れて,久喜や南栗橋まで乗換なしで行けるんですねぇ。
 1年前,東武線で鹿沼に行こうと思って,浅草駅に行った。安い快速か準急に乗ろうと思ってたのに,スペーシアしかなかった。そういうことだったんだ。スペーシア以外の東武電車に乗るためには浅草に行ってはいけなかったのだ。
 こういうのは地図を見てもわからない。何を見ればわかるんだろうね。ググれ,カス,と言われちゃうかなぁ。

2018年5月5日土曜日

2018.05.05 ラミーのサファリ

写真はメーカーのサイトから拝借
● アトレ目黒の有隣堂の文具売場を覗いた。欲しいものは特にないので,何も買わない。
 ブラブラと見て歩いて,目に入ってきたのがラミーのサファリを展示(?)してあるコーナーだった。赤,黒,黄色と目立つ色の製品が並んでいたからだと思うんだけどね。

● ラミーサファリは,万年筆,ローラーボール,ボールペン,シャープペンの4種で構成されているんでした。万年筆は4千円。ペン先はステンレス。
 4千円だとステンレスで不思議はないのだが,さてこのラミーサファリに4千円の価値があるか。ぼくが使っているプラチナのプレジールは千円。パイロットのカクノも千円。それとラミーサファリの間に3千円分の差があるか。

● 差があるとして,その差をいくらに見積もるかには個人差がある。あると思う人は買い,ないと思う人は買わない。
 実際に買って使ってみればわかる話だ。が,買ってみて価値なしとなっては剛腹だ。使う前にわかるのでなければ困るのだ。と思う人は買わないわけだけど。

● 価値の中には見栄も含まれる。見栄を満たすというのは立派な価値だ。サファリはわずか4千円なのに,この見栄を満たすという部分で,他を圧しているように思えるのだ。ぼくの勝手な思い込みかもしれないんだけどね。
 それはなぜなのか。ユーザーをアウトドア派に仕立ててくれるからだろうか。ラミーがサファリにまとわせようとしたもの(ほのかなワイルド性)が,まんまと当たったということか。サファリという名前がそうだし。

● 腕時計でいえばカシオのGショック,自転車でいえばMTB。車でいえばスズキのジムニーといったあたりだろうか。使われる場所は屋内ではなく戸外。
 けれども,Gショックを腕に巻いて会社に行ってもいいし,MTBで舗装路を走ってもいいし,ジムニーで通勤したって全然おかしくない。いや,むしろかっこいいと捉えられる向きがあるかもしれない。
 アウトドア用に作られたものを身につけて会社や学校に行くというのが,小さな自由,小さな自己主張,小さな抵抗(反体制)を演出する効果があるゆえかとも思われる。

● サファリも同じで,そうした小さな(したがって無害な)効果を演出してくれるのだろう。サファリをオフィスで仕事に使ったっていいし,学校でノートをとるのに使ってもいいのだ。
 ひょっとすると,それはかっこいいのかもしれないのだ。モレスキンに黄色のサファリを合わせた写真をネットで目撃することが多いように思われるんだけど,モレスキンにサファリもありなのだ。

● ただし,そのかっこよさは,それが少数派にとどまっている限りにおいてということになる。増えすぎると嗤いのネタにされる。サファリもそろそろネタにされる状況に近づきつつあるかもしれない。
 製品の意図からすれば,測量野帳にサファリはピッタリだと思う(ボールペンのサファリが選ばれるんだろうな)。けれども,この組合せを見かけることはあまりない。ピッタリすぎてダサくなるのかも。ほとんどは屋内で使われるんだから。

2018年4月22日日曜日

2018.04.22 伊東屋池袋店

● 文具店や書店では,セレクトショップと呼ばれる販売店がある。店の目利きが自らの感性に基づいて,何を売るか(=何を売らないか)を決め,レイアウトし,それにシンパシーを持つお客を呼ぼうということなのだろうと,大雑把に推測している。
 で,ぼくはそういう店にあまり興味がない。感性というのは自分に最も欠けているものであって,そこで勝負されるのを嫌がるという気味合いがあるのだ。

● 東武池袋店の7階にある伊東屋池袋店を覗いてきた。
 伊東屋はそうしたセレクトショップの対極にある文具店だと思っている。セレクトなんぞという小賢しいことをしないで,圧倒的な品揃えでお客を呼ぶ店だ,というね。
 万年筆の修理もするし,オフィス作りの相談にも応じる。文具や事務器が関わることならば,私たちができないと言うことはありませんよ,どんなご要望にもお応えしますよ,と。

● ROMEOという自社ブランドも持っている。セブンプレミアムのようなものなんだろうか。自社工場を持っているわけではなくて,既存メーカーに委託して生産しているのだと思うんだけど。
 ともかく,小売店に甘んじているのではなくて,自分たちがいいと思うものを自分たちで作って消費者に提案することもしている(上手くいっているかどうかは別)。

● とすれば,並のセレクトショップなど吹き飛ばせるだけの“編集力”を持っているだろう。実際,セレクトショップ的な取り組みもしている。伊東屋発信コーナを作っている。
 右の写真はその一例。筆記具のいくつかを伊東屋が選んで編集して,イメージを付加して,いかがですかと消費者に差しだす。

● 筆記具は値幅が大きいし,実用性を超えたサムシングを備えているから,販売店としてはどうにか付加価値を付けて売りたいところだと思う。編集の余地が色々と考えられる。
 ぼくは,1本の鉛筆があればいいんじゃないでしょうか,と答えたくなるんだけど,それは筆記具に実用性しか認めない,狭量というか,セコいというか,昭和的な反応でしょうねぇ。
 とにもかくにも,伊東屋さん,力がありますよね。

● ただ,何も買わないで出てきてしまった。ぼくの場合は手帳とノートとペンでほぼすべての用が足りる。いずれも新たに買う必要がない。
 万年筆のユーザーだが,Plaisir以上のペンを使ってみたいとは思わない。その程度にはPlaisirの完成度は高い。ボールペンもシャープペンも同じだろう。メーカーの開発努力の結果,どれを使ってもハズレはまずないはずだ。
 ノートもダイスキンで充分だ。高価なノートを使ったところで,アウトプットの質が向上するはずもないことは自明なわけだし。というわけで,買いたい文具がないのだ。

2018年4月21日土曜日

2018.04.21 Bun2 4月号

● アトレ目黒の有隣堂の文具売場でもらってきた。無料のフリーペーパー。なぜ無料なのかといえば,コマーシャルペーパーだからだ。
 各社の新製品の紹介とか,今月号の例のように「新生活におすすめの文具」を特集したりとか。中身は広告なんですよね。それでもけっこう面白く読めてしまう。

● 書店にいくつもある,文具ムックや雑誌の文具特集も同じだ。中身の多くは広告あるいはカタログなのだ。だったらタダで配れよと言いたくなるんだけど,その広告をぼくらはお金を払って買うわけだ。広告やカタログにもお金を払わせるだけの付加価値があるということなのだね。
 自転車関連には,その名も『ロードバイクパーツカタログ』というのがあって,正々堂々と2,000円で販売されている。これを買うのはかなりのマニアだろうけど,それが売れるんだね。広告やカタログはメーカーの販促のためのものだからタダなのが当然というのは,もう当たらない。

● 広告自体に価値があるというのは,昔から言われていた。
 たとえば,サントリーのウィスキーのテレビCMは古いものもYouTubeにアップされていて,今でも見ることができるけれども,ぼくもときに見入ってしまうことがある。次々に見ていく。下手なドラマより面白い。
 ただ,これは作品としての広告の面白さであり,価値であるわけだ。そうではなくて,その広告に盛られている商品情報が有料で取引されるわけなのだ。

● 有料でもそれを知りたいと思うのは好事家に限られるのかもしれない。逆に,商品情報をお金を払ってでも知りたいという人たちを好事家と呼ぶのかもしれない。
 で,文具にはその好事家が多いのだろう。パレートの法則はここでも成立していると思う。文具ユーザーの2割が全商品の8割を購入しているのではないか。その2割を好事家と呼んでいい。

● 文具ムックや雑誌の文具特集もその2割に該当する人たちが読んでいる。メーカーも文具店も,2割の好事家がいなくなったら,即,倒産に至るのではないか。
 ちなみに,ぼく自身は好事家にはあてはまらない。文具は実用品だと思っているからだ。使わないのに買うってことはまずない(皆無ではないけど)。無料のBun2があればもらってくるけれど,お金を出して文具ムックを買うことはあまりない。
 好事家は文具を愛でる人だから,使わなくても(あるいは,一度しか使わなくても)買うってことが普通にあるのじゃないか。