2016年8月24日水曜日

2016.08.23 パイロットのエリート万年筆にトラブル

● インクが漏れていたんですよ。ペン先から滴ることはなかったんだけど,タンクの内部にインクが溢れていた。カートリッジがきちんと装着されていなかったのかな。
 パイロットがカートリッジの形態をしばしば変えていて,最新型ではないカートリッジを使った? 逆にエリート万年筆がだいぶ前のものだから,最新型のカートリッジに逆に合わなかった?
 どちらもあり得ないね。

● たださ,これじゃ使えないよ。中古で1,400円で買ったものだからあまり文句は言わないけれど,こういうことでは200円のPreppyに劣ることになってしまう。
 質感とか書き味は大事なものに違いないけれども,何より大切なのは万年筆の基本的なメカニズムが破綻せずに動いてくれることだ。

● 今,手元にあるカートリッジではなく,文具店でひとつ買い求めて,それを使ってみよう。それでダメならパイロットには愛想を尽かすことにするぞ。
 前にパイロット製のボールペンでも痛い目にあっているので。Hi-Tec-Cは何年も頑張ってくれているのだが。

● ともあれ。という状態なので,カートリッジを抜いた。あたりまえっちゃあたりまえなんだけど,抜いたあともしばらくは使える。ヌルヌルスラスラと書ける。
 インクが切れるそのときまでインクの出がまったく変わらなかった。徐々に出が悪くなり,かすれるようになり,ということがなくスムーズに筆記できた。そして突然,まったく書けなくなった。
 いいぞ,いいぞ,エリート万年筆,と思った。

● 宇都宮駅ビルに入っている八重洲ブックセンターの文具売場で,パイロットのカートリッジを購入。5本入りで200円。カクノを扱っているので,カートリッジもあったんですね。
 近くのモスバーガーに入ってさっそく装着してみた。すぐに書ける状態になった。今度はどうか。インク漏れはしないでくれよ。


(2016.08.24 追記)

 今にいたるまでインク漏れは発生せず。前回はキチッと挿せてなかったんだろうな。パイロット製品に不具合があったのではなく,ぼくの装着ミスということ。

2 件のコメント:

  1. こんにちは。 続けてROMさせて頂いています。
    筆記具のトラブルは、困りますよね。
     私は万年筆のインク漏れが怖くて、スーツやシャツのポケットに
    万年筆は刺していません。
     先日の投稿で文房具へのこだわり云々の話がありましたが、
    物事にあまりこだわりが無い方が楽だろうな~と思います。
     私はボールペンは三菱のパワータンクに決めていて、
    先日あまり店頭で見かけない金属リフィルを文房具売場で見付けたので
    見切り価格ということもあり10本以上買いました。
    パワータンクはどんな状況でも必ずインクが出るという安心感があります。
     このリフィルは売っていても、これ用の軸は既に廃番なので、
    以下の様な改造をしたのですが、
    http://northfox.cocolog-nifty.com/stationery/2015/11/uni-powertankpa.html
     気に入った軸には改造品を入れるとしても、1本1本やっていられないので、
    このリフィルが無改造で入る軸をヤフオクで買いました。
     私は自動車とかには全く興味が無いのですが、
    文房具にこだわり過ぎていて、自分でもこのこだわりは
    何とかならないものだろうかと思っています。やれ、やれ。

    返信削除
    返信
    1. こだわるのは疲れるものだと思いますが,同時に楽しいものでもあるのでしょうね。辛いだけなら放っておいてもこだわることを止めるでしょうから。

      削除